BLOG

blog

ヒートマップ・セッションリプレイ・フォーム最適化ツール Mouseflow(マウスフロー)のオンラインマニュアルやUX/UI改善についての記事を掲載しています。

2016年12月19日

インテグレーション:Shopify

Mouseflowは、Shopifyプラットフォームで動くeコマースWebサイトへのインストールが可能です。 Mouseflowトラッキングコードをインストールする方法は以下になります: Shopify管理ダッシュボードにログインします。これにアクセスするには、store.myshopify.comに行きます。ここで、「store」は店舗の名前です。 “オンラインストア”を… 続きを見る

2016年12月19日

Bing Adsのセッションをトラッキングするにはどうすればよいですか?

Mouseflowを使用すると、Bing Adを通じてあなたのウェブサイトを見つけた訪問者を記録することができます。 Bing Adsの訪問数のみを追跡するには、「msclkid」(MSN Click ID)が確認できます。この統合は、いくつかの追加のJavaScriptを使用します。トラッキングコードを次のスニペットに置き換えてください。 <script type=\"text/… 続きを見る

2016年12月19日

特定の国からのアクセスのみレコーディングする

Mouseflowを使用すると簡単に、特定の国に基づいて訪問者のみに限定してレコーディングすることができます。 以下の例は、jQueryの使用に依存しています – まだダウンロードしていない場合は、それをダウンロードしてインストールする必要があります。 Googleライブラリでホストされているものはこちら USからの訪問者のみをレコーディングする <!– MouseflowEx… 続きを見る

2016年12月19日

ユーザーアクションに基づいたレコーディング

Mouseflowを使用すると、ログイン、カートにアイテムを追加する、ボタンをクリックするなど、特定のアクションを実行する訪問者のみを記録することができます。 これには、条件付きでトラッキングコードを含めるためにCookieとJavaScriptを使用する必要があります。以下の例は、jQueryとjQuery Cookie Pluginに依存しています。両方をあなたのWebサイトにインストールする… 続きを見る

2016年12月19日

特定の言語の訪問者だけをレコーディングする

Mouseflowでは簡単に言語設定に基づいたユーザーのみレコーディングすることができます。 言語設定で”en-US”を設定しているユーザーのみレコーディングする場合 言語設定で”en-US”を設定しているユーザーのみレコーディングする場合は下記のようにオラッ金コードを太字部分のコードで囲みます。 <script type=\"tex… 続きを見る

2016年12月19日

インテグレーション:Magento

あなたのMagentoサイトにMouseflowをインストールことができます。 以下の手順に従ってください: 管理メニューから「システム」>「設定」を選択します。 左側のパネルで、「デザイン」を選択します。 クリックして “HTML Head”セクションを開きます。 「その他のスクリプト」というラベルの付いたボックスに、Mouseflow Tracking Codeを… 続きを見る

2016年12月19日

インテグレーション:Coremetrics

Mouseflowでは、サードパーティのサービスからデータをプッシュしてネイティブのセグメンテーション/フィルタリング機能を拡張することができます。 Coremetricsとインテグレーションするために、Mouseflowで “cm_mmc”(Coremetrics)URLパラメータを送ります。 このインテグレーションでは、カスタム変数機能が使用されます。 トラッキングコー… 続きを見る

2016年12月19日

特定のデバイスを追跡する

Mouseflowでは、特定のデバイスを簡単に追跡できます。モバイルやタブレットを使ってサイトにアクセスしている訪問者をだけをトラッキングしたい場合等、短いコードで簡単に実現できます。 モバイルとタブレットのユーザーのみを追跡する <script type=\"text/javascript\"> // Largest screen size to track if… 続きを見る

2016年12月19日

インテグレーション:Webtrends

Mouseflowでは、サードパーティのサービスからデータをプッシュしてネイティブのセグメンテーション/フィルタリング機能を拡張することができます。 Omnitureとインテグレーションするために、「WT .__」(Webtrends)URLパラメータを送ります。 このインテグレーションでは、カスタム変数機能が使用されます。 トラッキングコードを次のスニペットに置き換えてください。 例: <… 続きを見る

2016年12月19日

レスポンシブデザインを追跡する

要素は画面サイズに応じて再構成されるため、ヒートマップを見ると、訪問者が異なるレイアウトとやり取りしていた場合、空いた場所でクリックが表示されることがあります。この問題を回避するために、訪問者の画面解像度に基づいてヒートマップを分割するテクニックがあります。 mouseflowPath変数とjQueryを使用して、異なる画面サイズのWebページの仮想パスを変更します。 次の仮想パスを使用します。 … 続きを見る

4 / 16« 先頭...23456...10...最後 »

Mouseflow(マウスフロー)の料金・価格
Mouseflow(マウスフロー)の料金・価格はコチラ