フリクションとはなんですか?

フリクション機能を使用すると、サイトでイライラしているユーザーを簡単にすばやく特定できます。ユーザーがフラストレーションとなるようなポイントに遭遇するたびに、簡単に発見できるようにMouseflowではセッションに自動的にタグを付けます。

訪問者が満足していない、ドロップアウトする、コンバージョンに失敗することを積極的に引き起こしている箇所を特定し、修正することでウェブサイトの最適化がより正確になります。

Mouseflowのフィルターを使用すると、レコーディングを手動で検索する必要なくユーザーの不満を含むセッションを特定できます。これらのレコーディングは、怒っているまたは不幸なスマイリーを使用して、レコーディングリストにマークされます。これらのスマイリーをクリックして、同様のフリクションスコアを持ったレコーディングを見つけることができます。ページのドロップダウンを開いて、ユーザーが遭遇した問題の詳細を確認することもできます。どのページにフリクションがあり、どのタイプの問題でしたか?

ヒートマップリストでは、フリクションの影響を最も受けているページを確認することもでき、最適化が最も必要なページを簡単に特定できます。ヒートマップとフリクションの詳細については、こちらをご覧ください。

フリクションイベント

Click-rage ユーザーが短期間で過度に(何度も)クリックするたびに、セッションに「click-rage」タグが自動的にタグ付けされます。クリックレイジは重要なフリクションポイントとしてカウントされるため、このイベントだけでレコーディングがフリクションのある訪問としてマークされます。
Failed submit MouseflowのJavaScript APIなどを使用してフォームの送信試行を失敗すると、これもフリクションイベントとしてカウントされます。失敗したサブミットは中程度のフリクションポイントとしてカウントされるため、このイベントだけではレコーディングがフリクションのある訪問としてマークされません。
Click-error クリックがJavaScriptエラーを引き起こすたびに、「click-error」タグで記録に自動的にタグを付けます。これは中程度のフリクションポイントとしてカウントされるため、このイベントだけではレコーディングがフリクションのある訪問としてマークされません。
Bounce 「bounce」タグは、ユーザーがページAからBに移動し、短い時間内にページAに戻るときに適用されます。これは中程度のフリクションポイントとしてカウントされるため、このイベントだけではレコーディングがフリクションのある訪問としてマークされません。
Speed-browsing 「speed-browsing」タグは、ユーザーが短い時間枠内で複数のページをナビゲートするときに適用されます。タグは最初のページに付与されます。これは中程度のフリクションポイントとしてカウントされるため、このイベントだけではレコーディングがフリクションのある訪問としてマークされません。
Mouse-out このタグは、ユーザーのマウスがページを離れるときに適用されます-別のプログラムまたはタブと対話するために。これはわずかな摩擦ポイントとしてカウントされるため、このイベントだけでは記録が摩擦のある訪問としてマークされません。
Mobility 1つのページビューで複数回の方向の変化、ズームイベント、または両方の組み合わせを検出すると、「モビリティタグ」が適用されます。モバイル訪問者にのみ適用されます。
Custom-friction 「Custom-friction」タグは、選択した任意のカスタムイベントを適用することができます。このタグを使用すると、フリクションの指標であるとみなされるユーザーイベントまたはアクションをターゲットにできます。 「Custom-friction」タグは常に深刻なフリクションポイントとしてカウントされるため、このイベントだけで記録が摩擦のある訪問としてマークされます。

このJavaScript関数を呼び出すことにより、カスタム摩擦イベントを追加できます。
_mfq.push(["addFriction", "5"]);

Mouseflow(マウスフロー)の料金・価格
Mouseflow(マウスフロー)の料金・価格はコチラ