ウェブページ最適化のための5ステップフレームワーク

ウェブページを最適化することは、圧倒的に難しく感じるかもしれません。レイアウト、コンテンツそのもの、ユーザーとのインタラクションなど、考慮すべき要素は多数あります。特に、時間やお金などのリソースは常に限られており、優先順位をつける必要があります。

これに対処するため、Mouseflowでは段階的なプロセスを開発しました。これを使用すると、ページを見て、エンゲージメントを高めたい場合に注意が必要なことを正確に理解することができます。私たちはこれをMouseflowのウェブページ最適化のための5ステップフレームワークと呼んでおり、無料で利用可能です。

現在Miro Boardテンプレートとして利用可能な「Mouseflowのウェブページ最適化のための5ステップフレームワーク」は、最適化プロセスを簡素化し、パフォーマンスとユーザーエクスペリエンスを向上させる合理的なアプローチを提供するように設計されています。たった5つのステップで、あなたのウェブページはより良い状態になります。

誰のため?

「Mouseflowのウェブページ最適化のための5ステップフレームワーク」は、ウェブページの最適化を検討しているコンサルタント、代理店、コンテンツマネージャー、デジタルマーケティング担当者、およびUX/UI専門家に最適です。的を絞った質問に答え、構造化されたフレームワークに従うことで、コンテンツ、レイアウト、ユーザーエクスペリエンスを向上させるための実用的な洞察を1日以内に得ることができます。

はじめに

開始する前に、以下のものを確認してください。

  • 分析対象のトラフィックがあるウェブサイト。
  • 最適化したい特定のページ(ホームページ、ランディングページ、製品ページなど)。
  • 弊社のMiroボードテンプレート。
  • Mouseflowアカウント(インストール済みでトラッキングが行われており、分析するのに十分な記録があるもの)。お持ちでない方はこちらからサインアップしてください。

これらが揃えば、最適化プロセスに取り組む準備が整います。ステークホルダーや同僚をディスカッションに参加させたい場合は、シングルプレーヤーまたはマルチプレーヤーのアクティビティとして実行できます。

Mouseflowの5ステップWebページ最適化フレームワーク – Miroのスクリーンショット

フレームワークの使用方法

以下の5つのステップに従ってください。

  1. ページのキャプチャ
    まず、デスクトップとモバイルデバイスの両方でウェブページの現状をキャプチャし、比較の基準値を確立し、改善すべき領域を特定します。ただスクロールするのではなく、鳥瞰図に切り替えてページ全体のスクリーンショットを撮りましょう。そのために私たちは、例えば、ページ全体をキャプチャしてPNGまたはPDFとして保存するGoFullPage Chrome拡張機能を使用しています。
    これは立ち止まって考える瞬間でもあります。ページを見ながら、なぜこのページを選んだのか、その目的は何か、見るべき指標は何か、このページでユーザーに取ってほしい主なアクションは何なのか、などの質問に答えてみてください(テンプレートに全リストがあります)。
  2. コンテンツの露出度を探る
    重要な情報に簡単にアクセスでき、見落としがないように、ページ上の主要な要素の可視性と目立ちやすさを分析します。CTAは目立つように配置されていますか?訪問者はそれを見ていますか?訪問者がページを開いたときに何が見えますか?スクロールしないと見えないところに何人いますか?スクロールヒートマップはこの答えを出すのに役立ちます。
    メモを取ることを忘れないでください。Miro ボードテンプレートでは付箋を使用していますが、イラストやプレゼンテーションなど、お好きなものを使ってドキュメントを作成することができます。
  3. インタラクションの探索
    前のステップでは訪問者が目にするものを調べましたが、今度は訪問者が何をクリックするかを見てみましょう。 CTAはクリックされますか?あるいは、訪問者がクリック可能であると誤解して、インタラクティブではない要素をクリックしようとしているかもしれません。これがクリッククラッシュの典型的な原因であり、ボタンのようなものが含まれるスクリーンショットでよく起こることに驚かれるでしょう。
    また、クリック可能な要素によって訪問者の注意が主要なCTAから逸らされていないかどうかを確認するのに最適なタイミングでもあります。あまり関連性がないと思われるリンクがたくさんクリックされた場合、このページの他の何かが十分にクリックされていないことを意味します。
  4. 注意を探る
    スクロール深度ヒートマップとクリックヒートマップは、膨大な量のデータを提供してくれます。しかし、それだけではありません。アテンションヒートマップから追加の洞察を得ることができ、ページのどの部分がユーザーから最も注目を集めているかを知ることができます。
    もし彼らが何かを読むために立ち止まっているなら、それはCTAに最適な場所です。あるいは、ほとんどの訪問者がすぐにスクロールしてしまうような場所にCTAが配置されており、まったく注意を払っていない可能性があります。配置を変えてみましょう!これは、ページのコンバージョン率に大きな影響を与える可能性が高い修正です。
  5. スポットナビゲーションパターン
    最後に、ヒートマップの使用が終わったら、ユーザーの立場に立って、ユーザーがコンテンツをどの程度消費しているかを確認してみましょう。セッション記録を活用して、ナビゲーションパターンを観察し、障害物、混乱、潜在的な離脱の領域を特定します。そして、シームレスなユーザーエクスペリエンスのためにページのナビゲーションフローを改良します。
    たくさんの録画を見る必要はありません。各ページにつき5~10件程度で十分です。異なるデバイスやオペレーティングシステムからの録画を選んでみてください。例えば、MacやAndroidでの見え方をよく知っていても、iPhoneでの見え方に驚くかもしれません。また、ユーザーがページを閲覧する際にある程度のフラストレーションを感じていたものを選択することもできます。Mouseflowでは、それらの横に不快な黄色または赤色のスマイリーが表示されているものは、フリクションスコアが高いことを表しています。

これらのステップはすべてテンプレート上で詳細に説明されており、各ステップでさまざまな質問をすることも可能です。このフレームワークに従うことで、ウェブページ最適化の指針となる貴重な洞察が得られます。また、その結果、潜在的な問題や最適化の機会を含むウェブページの非常に視覚的な概要が得られるため、必要に応じて利害関係者を説得するための優れたツールとなるでしょう。

まとめ

訪問者の意図に正しく答え、必要な情報をすべて提供しながら、訪問者とあなたの目標を達成する魅力的なランディングページを考えるのは困難です。また、ウェブページは時間の経過とともに古くなり、関連性が薄れる傾向があります。したがって、ページを見直して最適化することは良いことです。そのために、最適化に必要なすべての洞察を1ヶ所で得られるように設計した特別なフレームワークを使用できます。

Mouseflowのウェブページ最適化のための5ステップフレームワークは、ウェブページ最適化のプロセスをガイドし、すべてのステークホルダーを(文字通り)同じページに集め、エンゲージメントやコンバージョンの増加など、望ましい結果を導きやすくする貴重なツールです。

気に入っていただければ幸いです。完全無料でご利用いただけます。

Anna Abramishviliは、7年以上の経験を持つパフォーマンスマーケティング担当者です。パフォーマンスマーケティングと異文化間のリモートチームの管理に関する専門知識で知られており、人と人を結びつけ、コラボレーションを促進することに長けています。