インテグレーション:Zopim

Mouseflowは、Zopimのようなチャットソフトウェアにシームレスにインテグレーションすることができます。 Zipim内のチャットセッションに再生URLを追加するか、Zopimの顧客の詳細をMouseflowセッションに追加するかのどちらかにより行うことができます。

Zopimに再生URLを追加する

Zopimには、チャットセッションにメモを追加できるJavaScript APIがあります。

以下のコードは、再生URLをZopimのメモとして追加するためのコードです。

<script type="text/javascript">

var _mfq = _mfq || []; _mfq.push(
$zopim(function() {
$zopim.livechat.setNotes('Mouseflow session: https://app.mouseflow.com/websites/' +
mouseflow.websiteId + '/recordings/' + mouseflow.getSessionId() + '/play');
})
);
</script>

コードにより、以下のようなことを行っています。

  1. _mfq変数が使用可能であることを確認します。 これは、Mouseflowオブジェクトと通信するために使用される変数です。
  2. _mfq.push(…)を呼び出して、Mouseflowのコンテキストが完全にロードされたときに内部関数が呼び出されるようにします。
  3. $ zopim(…)を呼び出して、Zopimのライブチャットオブジェクトが完全にロードされていることを確認します。
  4. $ zopim.livechat.setNotes(…)を呼び出して、再生URLをメモとして追加します。 メモには、「Mouseflow session:」というテキストと再生URLが含まれます(Mouseflowアカウントにログインしている必要があります)

ZopimからMouseflowへの顧客データの追加

Zopimには、JavaScript APIを通じて顧客の詳細を得る方法もあります。 このデータを使用してMouseflowに送信する方法を説明します。 以下のコード例を参照してください。

<script type="text/javascript">

  _mfq = _mfq || [];
  $zopim(function() {
    var zopimEmail = $zopim.livechat.getEmail();
    if (zopimEmail)
      _mfq.push(["setVariable", "zopim_email", details.emailAddress]);
  });

</script>

上記のコードでは、Zopim livechatオブジェクトに登録されている電子メールアドレスがあるかどうかをチェックし、登録されている場合は、それをカスタム変数としてMouseflowに追加しています。 ここですべての「取得」メソッドを見ることができます。
このインテグレーションをさらに強化するために、上記のメールアドレスを使用してMouseflowで直接ユーザーを識別することができます。
以下の方法に従ってください:

<script type="text/javascript">

  _mfq = _mfq || [];
  $zopim(function() {
    var zopimEmail = $zopim.livechat.getEmail();
    if (zopimEmail)
      _mfq.push(["identify", zopimEmail]);
  });

</script>

Mouseflow(マウスフロー)の料金・価格
Mouseflow(マウスフロー)の料金・価格はコチラ