レスポンシブデザインを追跡する

要素は画面サイズに応じて再構成されるため、ヒートマップを見ると、訪問者が異なるレイアウトとやり取りしていた場合、空いた場所でクリックが表示されることがあります。この問題を回避するために、訪問者の画面解像度に基づいてヒートマップを分割するテクニックがあります。

mouseflowPath変数とjQueryを使用して、異なる画面サイズのWebページの仮想パスを変更します。

次の仮想パスを使用します。

    このコンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です

    ログインして閲覧

    Contact

    お問い合わせ


    APOLLO11のサポートコンテンツ閲覧にはログインが必要です。mouseflowのアカウントIDを記載の上、お問い合わせください。※弊社経由でのmouseflowのご利用のみ対象となりますのでご了承ください。

    御社名必須

    お名前必須

    E-mail必須

    アカウントID
    (メールアドレス)