インテグレーション:Optimizely

Mouseflowでは、OptimizelyとインテグレーションしてA / Bテストのバリエーションのレコーディングやヒートマップを簡単に取得できます。

次のスニペットを関連するページに追加してください。

<script type="text/javascript">
if (window["optimizely"] && window["optimizely"]["data"]) {
    var optimizely = window["optimizely"];
    var optimizelyData = optimizely.data;
    optimizely.push({ type: 'integration', OAuthClientId: '5402630847' });
    var activeExperiments = optimizelyData.state.activeExperiments;
    var variationNames = "";
    window._mfq = window._mfq || [];
    for (var i = 0; i < activeExperiments.length; i++) {
        var experimentId = activeExperiments[i];
        var variationName = optimizelyData.state.variationNamesMap[experimentId];
        var experimentName = optimizelyData.experiments[experimentId].name;
        variationNames += (variationNames != "" ? "/" : "") + 
            experimentName + ":" + variationName;
        window._mfq.push(["setVariable", "optimizely_" + experimentName, variationName]);
    }
    if (variationNames)
        window.mouseflowPath = window.location.pathname + "/" + variationNames;
}
</script>

上記の例の ‘OAuthClientId’を置き換えて、Optimizely AppのクライアントIDと一致させる必要があることに注意してください。

これにより、変数「mouseflowPath」にページの実際の名前と、最適化実験名と変形名が設定されます。また、この情報で各記録にタグを付けます。

これにより、データはテストのバリエーションに基づいて別々のヒートマップに格納されます。また、実験や値の名前に基づいてレコーディングリストをフィルタリングすることもできます。

注:最適化のリダイレクトテストはこのインテグレーションではサポートされていません

Mouseflow(マウスフロー)の料金・価格
Mouseflow(マウスフロー)の料金・価格はコチラ