Google タグ マネージャー (GTM) を使用したインストール

Googleタグマネージャーにログインし、mouseflowをインストールするサイトに関連付けられたコンテナを選択したことを確認します。環境用のワークスペースを作成していない場合は、単純に新しいコンテナーを作成できます。

概要から「新しいタグ」をクリックします

「タグ設定」をクリック

さまざまなタグタイプのリストが表示されます。

Googleタグマネージャーでmouseflowをインストールするときにタグタイプを選択する場合、2つのオプションがあります。

重要:マウスフローのインストールには、次のタグタイプのいずれかのみを使用してください。

mouseflowタイプのタグを構成する

タグのリストに、mouseflowロゴのオプションが表示されます。それを選択すると、タグ設定画面に戻ります。

ヒント:タグのリストを検索すると、mouseflowタグをすばやく見つけることができます。

「プロジェクトID」フィールドにWebサイトIDを貼り付けます。

WebサイトIDは、mouseflowのWebサイト設定ページ(https://app.mouseflow.com/websites/settings)で確認できます。

カスタムHTMLタイプのタグを構成する

タグのリストで、「カスタムHTML」というラベルの付いたオプションを見つけます。

選択すると、HTMLコードを挿入するフィールドが表示されます。ここにマウスフロートラッキングスニペットを挿入します。

ヒント:カスタムHTMLタグを使用すると、後で多くの便利なカスタマイズをmouseflowトラッキングスニペットに追加できます。

新しいタグのトリガーを設定する

これを行うには、まず「トリガー」セクションをクリックします。

最も簡単な設定は、「すべてのページ」オプションを選択して「保存」を選択することです。後で、mouseflowアカウントからmouseflowがどのページを記録するかを管理できます。

Googleタグマネージャーは、記録するユーザーを正確に選択するのに役立つ堅牢なトリガーシステムも提供します。

完了したら、[保存]ボタンをクリックします。タグの名前を変更するよう求められる場合があります。

タグコンテナを公開する

Googleタグマネージャーコンテナに変更を加えたので、公開する必要があります。

Googleタグマネージャーの[概要]ページで[送信]ボタンをクリックすると、タグを公開できます。公開したら、mouseflowで記録を開始する準備が整います。

※mouseflow社の公式マニュアルを翻訳したものです。記事中の用語が実際の日本語表記と若干異なる可能性がございます。