新しいフィルタとビューの使用

Googleのフィルター機能は、あなたのアカウントに備わっている機能の内最も強力なツールの1つです。ここで、データを並べ替えてすばやく簡単にフィルタリングすることができます。これにより、今必要としているデータを集中して確認することができます。

このガイドでは、用意されている複数のフィルターオプションをすべて説明します。

フィルタには論理演算子が含まれます。つまり、次のようなデータをフィルタリングできます。

  • オプションXを含む
  • オプションXは含まない
  • オプションXまたはYのいずれかを含む
  • オプションXとYの両方を含む

すべてのフィルターは既存のデータに基づいて機能するため、新しいセグメントを設定してからデータが収集されるまで待つ時間は必要ありません。そのため、データが収集されているときには必要なことが分からないセグメントでも、既存のデータを使って簡単にフィルター処理できます。

利用可能なフィルターにはどんなものがあるの?

Navigation filters

ここでは、各訪問者が閲覧した(または閲覧しなかった)ページに基づいてデータをセグメント化できます。Entry PageまたはExit Page、または訪問時に訪れた(または訪れていない)特定のページでフィルタリングできます。
支払いページにアクセスしたけれど、確認ページに進まなかったすべてのユーザーを見たいですか?
この機能ははあなたがそれを行うためのものです。

以下でフィルタリングできます:

Entry Page-このページでユーザーのセッションが開始されたレコーディングのみを表示します。
Contain Page-ユーザーがこのページにアクセスした、またはアクセスしていないレコーディングのみを表示します
Exit Page-このページでユーザーのセッションが終了した(または終了しなかった)レコーディングのみを表示します

Tags and Custom Variables

ここでは、タグとカスタム変数でデータをフィルタリングできます。
カスタム変数を使用すると、key / valueペアをMouseflowに通知することができます- cart_value = “large”またはsaw_popup = “true”などの2つのセットの情報。
タグを使用すると、popup_firedやorder_placedなどの文字列をMouseflowに通知することができます。さらに、いくつかのタグはデフォルトで設定されています。

Visitor Technology

このグループには、主にユーザーのシステムと技術に関する情報に関連する、最もよく使用されるフィルターがいくつか含まれています。
フィルターのリストは次のとおりです。

  • デバイス
  • OS
  • ブラウザの解像度

Friction

このグループでは、各訪問者のフリクションスコアでフィルタリングできます。サイトへ不満を持っていると思われる訪問者を簡単に見つけることができます。または、クリックレイジやクリックエラーなどの特定のフリクションイベントをフィルタリングできます。

Recording data

期間フィルターを使用すると、訪問の期間に基づいてデータをセグメント化できます。ページビュー数では、各訪問者が閲覧したページ数でフィルタリングできます。最後に、セッションIDフィルターを使用すると、IDに基づいて特定のセッションを検索できます。

Visitor Data

このグループには、主にユーザーとその場所に関する情報に関連付けられている、最もよく使用されるフィルターがいくつか含まれています。グループに含まれるもの:


トラフィックソース
リピーター
訪問者名

Mouseflow(マウスフロー)の料金・価格
Mouseflow(マウスフロー)の料金・価格はコチラ