fbpx

mouseflow

  • 複合ヒートマップ*利用者数 世界No1
  • 国内上場企業導入数100社

ユーザー行動追体験できる
UX/UI改善ヒートマップツール
mouseflow

*ヒートマップとレコーディングなど複数の機能を併せ持ったツール

月額2,500円から

今スグ!無料トライアル

150,000社以上
企業に導入

 

01.私達が悩みを解決したい人

はじめてのUX / UI改善にトライするWeb担当者

UX/UI改善という単語は以前と比べてよく使われるようになりましたが「具体的に何をすれば良いのだろう?」というWeb担の声を良く聞きます。ここ日本においてUXやUIの重要性が浸透したのはあるプロダクトの登場によるものでした。

iPhone 3Gです。説明書がないにも関わらず感覚的に操作できるスマートフォンの登場により人々はUIの重要性に気づきました。そして優れたUIがもたらす「気持ちよい感覚」すなわちUser Experience(UX)の重要性も同時に認知されることとなります。

でも、アップルとか大企業じゃないとUX/UI改善なんて意味がないんじゃないか?」とお思いの方もいるかと思います。

まず、UX/UI改善がどのくらい強力なツールか、弊社の事例をご紹介致します。

不用品買取サイト
フォームのUX改善

 
年間CV数+2,352

家電EC
商品ページのUI改善

年商+7,500万円
年間利益+4,500万円

写真スタジオ
商品ページ・フォームUI/UX改善

 
予約数前年比153%

結婚式場
キャンペーンのUX改善

 
CV数118%UP

脱毛サロンチェーン
エントランスのUX改善

 
CV数123%UP

機器メーカー
LPのUXデザイン修正

 
年商+1.4億

営業代行会社
不要な要素を削除したUI改善

 
CV率6

SaaS(弊社)
導線の最適化によるUI改善

 
CV数250件/単月

社会人向けスクール
LPのUIデザイン修正

 
CV率20

上記は一例となります。UX/UI改善は非常にパワフルなツールで、Webマーケティングに関わる皆様においては、是非抑えて頂きたい内容になります。たかだかいちランディングページのUX/UI改善で会社の運命が変わるほどの急成長を遂げることがあるからです。

GoogleAnalyticsではダメなのか?

ダメではありませんが、GoogleAnalyticsだけではUX/UI改善を推測だけで行うことになります。

Webサイトを運用する目的は企業によってさまざまです。もちろんできるだけ多くのひとにWebサイトを見てもらうことが前提ですが、商品やサービスの購入や資料請求、問合せといったユーザーからのアクションを得られなくては、効果のあるWebサイトとはいえません。

このため、一般的にWebサイトへのアクセス数やコンバージョン数などをGoogleAnalyticsで計測しています。しかしこのような統計情報だけでは、ユーザーが離脱した箇所やその理由までを特定することはできません。その為、どのようにサイトを改善すればよいかはアナリティクスの結果だけではわからないのです。

これまではWeb担当者の「経験」によってサイトのUI/UX改善は行われていました。こらからは、ユーザーの「何故」を分析することがUI/UX改善では重要になってきます。

UX/UIのポイントは迷わないこと

まず最初に結論をお伝えすると、WebサイトのUX/UIで最も重要なのは「選択肢の少なさ」です。ユーザーはページを見ながらいちいち考えたりするよりも、選択肢が少なく、迷わずに利用できるサイトを「気持ちが良い」と感じるのです。

少ない選択肢を実現する為にMouseflowが提唱しているのが「ページ内の不要な要素は全て取り除き、必要な要素は全て表示する」というものです。言葉にすると当たり前ですが「具体的な実現方法は?」と質問すると答えられる人は少ないかもしれません。Mouseflowは、UX/UI分析に必要な機能が全て搭載されています

 

02.私達からのご提案

Mouseflowを使って、ユーザーの目を借りたUI/UXの改善を行いませんか?

 

03.Mouseflowの効能

私達の商品は一見するとヒートマップツールです。
しかし本当の特徴はユーザーのWebアクセスを追体験することで
Webサイトを「診る」ことができる点にあります。

 

04.HowTo

Mouseflowを使ったUX/UI改善方法

ステップ1

ユーザーのWebアクセスを「追体験」する

特定ユーザーのアクセスを「そのまま」見る

改善に必要なのは、一人ひとりのユーザーが思う通りのアクションをとってくれなかったその「理由」です。このためには特定のユーザーのWebアクセスを「追体験」することが有効です。

Mouseflowのレコーディング機能は、特定のユーザーのWebアクセスの「追体験」を可能とします。たとえば、申込みに至らなかったユーザーだけを抽出し、実際のWebアクセスの状況を録画データとして観ることができるのです。

  • CVに至ったユーザーの動き
  • フォームには入力を行ったがCVに至らなかった(CV未遂)ユーザーの動き
  • CVに至ったユーザーの購入後の動き
  • 広告から訪れたユーザーの動き

などを追体験することで、ユーザーが何を感じて行動を起こしたのかが、手に取るようにわかってきます。

ユーザーのWebアクセス体験を通じた導線の「診断」を行う

ユーザーの録画記録を見ると、予想と違う行動があることにきっと気がつくでしょう。たとえば、文字を読むには早すぎるページの移動。あるいは特定の箇所での長すぎる滞在。いったんページの最後まで移動してから、また戻ったりしているようなこともあるでしょう。

これらの行動には、そのユーザーの心理状態が表れています。たとえば、早すぎる移動や戻ったりしているのは、そのユーザーが「何か」を探していたのかもしれません。また、特定の箇所で時間を掛けているのは、ユーザーにとって重要な情報や意外な情報があったためかもしれません。

Webサイト導線の基本は、ユーザーにとって「必要なものを目に見える位置に」そして「不要なものは見せない」ことです。ユーザーのWebアクセスを「追体験」することによって、こうしたWebサイトの導線をユーザー目線で改善することができるのです。これがMouseflowが考える、ユーザーの目を借りたUI/UXの改善です。

ステップ2

ユーザーがストレスを感じている箇所を探す

ユーザーがストレスを感じている行動を「フリクションスコア」を通じて発見する

MouseflowではAIが自動でそれぞれのユーザーが感じているストレスに点数を付けています。フリクションスコアというものです。ユーザーが感じている以下の様なストレスを自動で検知し、レコーディングで内容を確認することができます。

  • click-rage(クリックレージ)
    …非クリック要素で、ユーザーがクリックを連発している箇所
  • click-errow(クリックエラー)
    …クリック要素だがリンク要素やjavascriptiが動いていない
  • bounce(バウンス)
    …直帰したユーザー。遷移した後すぐ元のページに戻ったユーザー
  • mobility(モビリティ)
    …モバイルでズームや、縦横を切り替えて閲覧したケース
  • mouse-out(マウスアウト)
    …マウスが画面から消えている。アクティブに閲覧されていない
  • speed-browsing(スピードブラウジング)
    …非常に早いスピードでページがスクロールされている
  • submit-failure(送信失敗)
    …フォームの送信が技術的に失敗

これらのレコーディングを確認することで、ユーザーのストレス体験を追体験することができます

フォーム入力時のストレス箇所を発見する

フォーム入力時にユーザーが感じるストレスを赤いアラートで示してくれます

  • 離脱が多い箇所
  • 入力に時間がかかり過ぎている項目

これらはフォーム上において、何らかの問題が発生している可能性が高いです。具体的な使い方は以下の記事をご参照ください。

特集:Mouseflowを使ったEFOのやり方

ユーザーにとって不要なコンテンツを見つける

Mouseflowには主に4種類のヒートマップがあります。

  • クリックヒートマップ
  • ムーブメントヒートマップ
  • スクロールヒートマップ
  • アテンションヒートマップ

この中で特に「ムーブメントヒートマップ」「アテンションヒートマップ」を活用すると、ユーザーにとって関心のないコンテンツが何かわかります。UX/UI改善の基本は「不要なものを取り除く」ことです。ヒートマップでビジュアライズされたサイトコンテンツを確認すると、何を残すべきで、何を削除すべきかが明らかになります。

ステップ3

ユーザーにとって必要なコンテンツを探す

click-rage(クリックレージ)でユーザーの「もっと見たい」を探す


※音声をオンにしてご視聴頂けると解説をお聞き頂けます。

動画はレコーディングメニューで[click-rage]タグのあるユーザーを表示したものです。クリックレージはリンク要素でないのに、ユーザーがクリックやタップを連打した時にタグ付けされます。

もっと情報が欲しい時や、リンク要素だとユーザーが誤解した時にこのタグが付くことが多いです。クリックレージが発生した時は、ページ内にユーザーの欲しているコンテンツを追加することが基本対策となります。

PRICE料金

free無料プラン0
円/月
無料トライアル
starterスターター2,500
円/月
無料トライアル
growthグロース8,200
円/月
無料トライアル
businessビジネス16,500
円/月
無料トライアル
proプロ31,000
円/月
無料トライアル
customカスタムASK
円/月
無料トライアル
計測セッション
/月
500/月 5,000/月 15,000/月 50,000/月 150,000/月 ASK
計測サイト 1 1 3 10 20 ASK
データ保存期間 3ヶ月 6ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 12ヶ月 ASK
レコーディング
レート
複数ユーザー × ×
主要機能
レコーディング
機能
クリック
ヒートマップ
ムーブメント
ヒートマップ
スクロール
ヒートマップ
アテンション
ヒートマップ
ジオヒートマップ
EFO機能
フォーム分析
1 3 10 20 30 ASK
ファネル
分析機能
1 3 10 20 30 ASK
アンケート機能
サポート
オンライン
マニュアル
メールサポート ×
ZOOMサポート × × × ×
上級テクニカル
サポート
× × × × オプション

※クレジットカードによるドル建て決済となる為金額に”約”と表記しています。日本円での請求書取引をご希望の方は、コチラ

Comparison比較表

利用者数世界No1Mouseflow 国産ヒートマップ他社A 無料ツール他社B
参照URL 参照 参照 参照
料金
無料プラン
最安プラン価格 2,500円/月 9,800円/月 従量課金
ヒートマップ機能
クリック
ヒートマップ
ムーブメント
ヒートマップ
×
スクロール
ヒートマップ
アテンション
ヒートマップ
リンク
アナリティクス
× ×
その他ポイント
レコーディング × ×
EFO機能
フォーム分析
× ×
フィルタ機能 ×
レコーディング
レート
× ×

 

無料トライアル実施中

数あるサービスの中でマウスフローに興味を持って頂きありがとうございます。弊社ではお客様の利益の為に、比較や相見積りをオススメしています。また是非その中にマウスフローも入れてください。価格面や機能には自信があります。無料トライアルも行っておりますので、以下ボタンをクリックの上、是非お試しください。

無料トライアル

MEDIAメディア掲載実績

実績

国内企業

2,000社以上が導入

複合ヒートマップツールの中で

No1のシェア
参照:マーケットシェア

国内上場企業

100社以上が導入

 

無料トライアル実施中

マウスフローは利用者数世界No1の複合ヒートマップツールとなります。無料トライアルも行っております。UI/UXの改善を考えている方は是非お試しください。

無料トライアル

FEATUREMouseflowの特徴をまとめると

POINT 01

無料プランから始められる!格安のWebマーケティングツール

Mouseflowは無料プランですべての機能を使うことができます

月額約2,500円から使うことのできる有料プランもありますが、まずは無料プランからUX/UIの改善に取り組んでみてはいかがでしょうか。

これまで多くの企業様がMouseflowの無料プランの活用により、ユーザー目線のサイト改善を実現しています。

POINT 02

ユーザーのWebアクセスを「追体験」する!レコーディング機能

Mouseflowのレコーディング機能は、特定のユーザーの実際のサイト上の動きを再現することができます。つまり、離脱してしまったユーザーがサイト上でどのような行動をしていたのかを「追体験」できるのです。ユーザーの目を借りてサイトアクセスの軌跡をたどることは、サイト構成の改善において有効です。

たとえば、ある商品を紹介するサイトでユーザーの動きをレコーディング機能で確認したところ、クレジット決済のラジオボタンでフォーム入力を止めていることがわかりました。それはWebサイトにアクセスしてからその間わずか2分足らずの時点。高額商材の決済に躊躇していたユーザーの気持ちが垣間みえるようでした

そこで、フォームの申込みボタンを「受講相談の申し込み」に変更したところ、このサイトのCV率は8倍に跳ね上がりネット経由の申込数も5倍にまで上昇しました。このようにレコーディング機能は「サイトの中で実際に何が起きているのか?」を理解するためにとても効果的です。

POINT 03

ユーザーのストレスをAIが検知!フリクションスコア

Mouseflowにはフリクションスコアを計測する機能があります。フリクションスコアとは、ユーザーがストレスを感じている(フリクションを感じている)スコアなり、AIが自動的に計算しています。

(1)の箇所でフィルタをかけると(2)の箇所に”顔文字”が表示されます。(3)は個々のユーザーがどのページを見ている時にフリクションが発生したのかを表示しています。

Mouseflowが検知するフリクションは以下になります。

  • click-rage(クリックレージ)
    …非クリック要素で、ユーザーがクリックを連発している箇所
  • click-errow(クリックエラー)
    …クリック要素だがリンク要素やjavascriptiが動いていない
  • bounce(バウンス)
    …直帰したユーザー。遷移した後すぐ元のページに戻ったユーザー
  • mobility(モビリティ)
    …モバイルでズームや、縦横を切り替えて閲覧したケース
  • mouse-out(マウスアウト)
    …マウスが画面から消えている。アクティブに閲覧されていない
  • speed-browsing(スピードブラウジング)
    …非常に早いスピードでページがスクロールされている
  • submit-failure(送信失敗)
    …フォームの送信が技術的に失敗

 

POINT 04

ユーザーにとって必要なコンテンツと不要なコンテンツがわかる!ヒートマップ機能

Mouseflowにはユーザーにとって必要なコンテンツと不要なコンテンツを分析できる多様なヒートマップがあります。

  • クリックヒートマップ
  • ムーブメントヒートマップ
  • スクロールヒートマップ
  • アテンションヒートマップ

などです。ユーザーにとって関心度の高いコンテンツと、不要なコンテンツをビジュアルで確認することができます。

POINT 05

フォーム入力におけるストレス箇所がわかる!EFO機能

EFO(エントリーフォームの最適化)ツールは国内で様々なものが提供されています。Mouseflowでは次のような項目を発見する機能があります。

  • 離脱が多い項目
  • 入力に時間がかかっている項目

このような場合、次のような対策により、ユーザーの離脱を確実に減らすことができます。

  • 離脱箇所の削除や、順番を後半に入れ替える
  • 時間が掛かっている箇所を別の方法に置き換える
  • 簡単なフォームだと思わせる為にラジオボタンをセレクトボックスに変える
  • 簡単なフォームだと思わせる為に必須項目を上部に固める

ユーザーの行動には理由が必ずあります。なぜそこでやめてしまったのか、なぜそこで時間がかかっているのか?
こうした考察が、最終的にWebサイトの「見やすさ」「わかりやすさ」「使いやすさ」を実現します。

まずは問題のある箇所をユーザーの行動から発見することが大切です。

Mouseflowを使ったEFOのやり方

POINT 06

流入経路ごとにターゲットを押さえることができる!フィルタ機能

問題のあるユーザー行動を観察するためには、まずターゲットを特定することが必要です。Mouseflowではフィルタ機能によって、特定の流入経路やユーザー、デバイスごとの分析を行うことができます。たとえば、次のようなフィルターをかけることができます。

  • コンバージョンに至ったユーザー
  • フォームの入力を行ったがコンバージョンに至らなかったユーザー
  • リスティング広告から誘導したユーザー
  • 特定のページを閲覧したユーザー
  • 使っているデバイス

これにより、途中で離脱したユーザーがどこで時間がかかっているのか、あるいはコンバージョンに至ったユーザーとの行動の違いを観察することが可能になります。

POINT 07

ヒートマップにおける色変化の「裏」を知る!リンクアナリティクス機能

Mouseflowの最大の特長は「ヒートマップ」です。しかし、ヒートマップというのは実は簡単に作れるのです。世界にはこうしたライブラリがたくさんあるからです。しかし、ただ単に色が変わるだけではまったく意味がありません

  • クリックが多い要素を赤くして
  • クリックが少ない要素が青になる

この色が変わるだけのヒートマップから皆さんはどんな考察を得られるでしょうか

色の変化にどんなデータの裏付けがあるのかを知ることが重要です。Mouseflowのクリックヒートマップでは、例えば次のようなクリック要素に関するデータを全てみることができます。

  • 何件のクリックがあったのか?
  • ページに来たユーザーのうち何%がクリックしたのか?
  • ページを訪れてからクリックに至るまでの平均タイムは?

このリンクアナリティクス機能があることで、より具体的な考察が可能になり、定点観測した時に比較して考えることができます。Before/Afterを数値で比較分析することのできない、色が変わるだけのヒートマップには意味がありません。

FLOWご利用の流れ

STEP

1

アカウント登録

Mouseflowホームページから無料プランに登録

STEP

2

タグ埋め込み

ホームページにタグを埋め込んで分析開始!

STEP

3

アップグレード

有料プランをアップグレードしたい場合もネットで完結!
(請求書取引の場合は別途お申し込みが必要です)

Q&A

よくあるご質問

Q.いつから使えますか?

メールアドレスとパスワードを入力頂き、
無料トライアルにお申し込み頂ければ即使えます。

Q.支払い方法はクレジットカードのみですか?

オンラインの場合はクレジットカードのみとなります。
請求書取引をご希望の場合はコチラをご確認ください。

初期設定サポート

無料

毎月

先着3社まで

当月中

COMPANY会社紹介

社名 株式会社APOLLO11
住所 愛知県名古屋市昭和区桜山町5-99-6桜山駅前ビル6F
東京都目黒区自由が丘1-3-22自由が丘アッシュ201
代表者 代表取締役 吉丸彰
設立 2011年4月28日
実績 取引先2,000社以上
国内上場会社取引数100社以上

FORMお問合わせ

    お名前必須
    メールアドレス必須
    社名
    お問い合わせ必須